本文へスキップ

KCマリン工業会は都市の安全をサポートする防災システム(耐震性防火水槽)に貢献します。

TEL. 075-631-3231

事務局 〒613-0903 京都市伏見区淀本町225
ケイコン株式会社内

KCマリン工業会は大地震に強い防火水槽、貯水槽と補修工法の開発と普及活動を実施。耐震性防火水槽とKCガード

KCマリン工業会の目的

1.大地震に強い防火水槽と補修工法の開発と普及活動を実施します。
2.事前防災、減災により国民の生命と財産を守ります。

KCマリン工業会は阪神淡路大震災を教訓に、大地震が起こって防火水槽に損傷があっても消防水利が確保できる、すなわち水が漏れない防火水槽の開発と普及のため平成9年に設立されました。

防火水槽本体とKCガードという画期的な防水内包袋の2重構造で漏水を防止し、さらに、その技術を使って既存現場打ち防火水槽の補修工法「かぶせーる、リーブシート」を開発し、全国に普及させ、事前防災、減災により国民の生命と財産を守るという強い使命感を持って活動しています。

TOPICS

  • 採用実績表を更新いたしました。
  • NETIS登録(http://www.netis.mlit.go.jp) 2014年7月31日にアップされました。
    登録の名称「KCガード」
    登録番号:KK-140004-A
  • マリン防火水槽の採用実績表を更新いたしました。
  • 2013年8月現在の実績は全国で、リーブシート工法は21件・69基、無蓋水槽に蓋をかける、かぶせーる工法は15件・28基合わせて36件・97基になりました。

NEWS新着情報

2013年8月20日
サイトをオープンしました。

バナースペース

KCマリン工業会

事務局
〒613-0903
京都市伏見区淀本町225
ケイコン株式会社内

TEL 075-631-3231
FAX 075-632-0840